高齢出産のリスクを減らすには・・・

411965.png

晩婚化の影響で高齢出産が増えている今日この頃

エコーなどの発達で赤ちゃんの健康状態がよくわかるようになってくるにつれて
高齢での出産に不安を持つ人が増えているのも事実です。

女性が主に35歳を超えて妊娠すると「高齢妊娠」その後出産することを「高齢出産」というのが一般的です。

高齢出産の主なリスクは、ダウン症など、染色体異常のある子供が生まれるリスクが高まると言われています。

また妊娠後、体調不良を訴える人や「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」の発症率が高まるのも高齢妊娠の特徴です。

高齢でも安心して妊娠出産できるようにするには、サプリによる栄養補給や医師などにしっかり相談しながら体調管理をしていく必要があります。

女性の社会進出でこれからもどんどん晩婚化を高齢出産化が進行していくことが予想されます。

誰もが安心して妊娠出産できるようサプリなどの開発が進むことを祈るばかりです。


 >>>赤ちゃん欲しい!【makana(マカナ)】は高齢出産に効果がある? 






この記事へのコメント