スランプの脱し方

スランプは誰にでも来るものです。

人は自分自身に一日何万回も無意識に心の中で語りかけているそうです。

その言葉がネガティブになると

人はスランプに陥るそうです。


スランプに陥ったときは、とにかく無理やり自分に「大丈夫!」「できる!」と語りかけてください。

それが一番の脱し方だそうです。


プロ野球の選手がスランプに陥ることが昔はよくありました

でも、最近はメンタル科学の発達でスランプのメカニズムが解明されてきたので

極端にスランプに陥る人がいなくなりました。


オリンピックで金メダルを取る人はほとんどメンタルトレーニングも平行して受けていますので

ここ一番でのパフォーマンスが落ちなくなっています。


サッカーの本田圭祐選手が、よく自分の中のリトルホンダと相談するというのは有名なお話です。

有名ミュージシャンの矢沢永吉さんも同じように自分自身をもう一人の「矢沢」と称して物事を相談すると言っていますよね。


みんなメンタルの中で自分に語りかけていることを知っているんです。

よってスランプを脱するには自分に語りかける言葉をポジティブにしていく必要があります。


このことは子供にも注意してあげなければなりません。

普段の生活の中でネガティブな言葉を聞き続けると

心の中で自分に駄目だしをしてしまいます。

そうなってしまうと極端に自尊心の低い人間になてしまって

ひどい場合は、犯罪者にもなりかねません。


言葉は常にポジティブに

自分にも子供にも注意して語りかけるようにしましょうね。

この記事へのコメント